KS Life

第8話・銀行に預けるのと、どっちがいいの?

Mr.マナブ

ライフちゃん、前回は途中解約について詳しく聞かせてくれてありがとう!今回は銀行に預けておくのと、保険に入るの、どっちがいいか?聞かせてくれる?

ライフちゃん

はい。保険もそうですが、銀行にも定期預金や積立など様々なプランがあります。正直、どちらがいいか、比べるのは少し難しいです。どちらが自分に合っているかで決めるのがいいかと思います。

Mr.マナブ

そうだね。自分に合ってるかどうかが大事だね。自分に合っているかはどこで判断すればいい?

ライフちゃん

そうですねぇ。会社が所得税を負担している場合などで、保険に加入しても節税効果がない場合や、今後タイで働く期間が短い場合、銀行に預けた時と、どちらがお得になるか、よく比べた方が良いでしょう。銀行と保険会社どちらにも相談して決めるのがいいと思います。

Mr.マナブ

確かにそうだね。保険の契約は長いし、節税効果がないなら銀行の方が良いかもしれないね。じゃ逆に、今後もタイで長く住む予定だったり、所得税を自分で払っている場合は保険のほうがいいかな?

ライフちゃん

そうですね。保険加入の最大のメリットは節税効果なので、ご自身で所得税を支払っているなら保険加入がおすすめですよ!それと、保険の満期金は非課税なのも大きなメリットと言えます。

Mr.マナブ

満期金が非課税なのは以前教えてもらったけど、銀行は税金がかかるの?

ライフちゃん

通常、銀行は利息に対して15%の税金がかかります。ですが、一部積立プランによっては、税金がかからないプランもあるので、詳しくは各銀行にお問い合わせくださいね。

Mr.マナブ

銀行の利息だけ見ると良さそうに見えるけどそこから15%税金がかかるんだね。

ライフちゃん

はい。それと、保険の場合は、死亡保障があるので、万が一の時の備えにもなりますよ。

Mr.マナブ

なるほどね。タイの保険の死亡保障ってどのぐらいもらえるの?

ライフちゃん

基本的にはタイの保険の死亡保障は日本の様に高額保障ではないですが、プランによっては契約後すぐ死亡した場合でも、死亡保障が適用されるプランもございます。詳細についてはプランごとに異なりますのでお問い合わせくださいね。

Mr.マナブ

死亡保障を重視するなら、日本で保険に加入する方が良さそうだけど、節税にプラスして万が一の備えとなるならいいね。

ライフちゃん

そうですね。タイの保険はどちらかというと、節税や資産形成目的で加入される事をおすすめいたしますよ。

Mr.マナブ

うん、そうだね。僕も家族のためにもしっかり節税して、将来の為にコツコツ資産形成しないと!ちなみに、僕は奥さんと娘がいるんだけど、家族も保険に加入する事はできる?

ライフちゃん

はい。ご家族も保険にご加入いただけますよ。では、次回は、ご家族の保険加入について、詳しく説明しましょう!

【次回】第9話・家族、奥さん、子供の保険も買える?控除される?