KS Life

第6話・日本に帰国しても契約は継続できる?

Mr.マナブ

ライフちゃん、前回は積立金額や積立方法について詳しく教えてくれたけど、万が一、積立の途中で日本に帰国する事になったらどうすればいいの??

ライフちゃん

お積立ての途中で日本に帰国される事になっても、そのままご契約を継続されることも可能ですよ。

Mr.マナブ

そうなんだね?じゃあ、例えば10年積立のプランに加入して、8年目の積立が終わった後で帰国が決まったとしたら、残り2年の積立はどうすればいいの?

ライフちゃん

日本からの送金は為替差額などがありますので、もし維持できるのであれば、タイ国内の口座を維持し、インターネットバンキングなどにて、お積立いただく事をおすすめいたします。

Mr.マナブ

なるほど。インターネットバンキングなら日本からでもお金をかけずに送金できるね。でも、日本に帰国したら節税はできないんだよね?

ライフちゃん

そうですね。日本に帰国してタイでのご収入がなくなると、節税の観点では恩恵がなくなってしまいます。ですが、リスクも少なく利回りも良いので、帰国後も契約を維持する事をおすすめいたしますよ。

Mr.マナブ

確かに。ローリスクミドルリターンだもんね!じゃあ、契約を維持したとして、満期の時、満期金はどうやって受け取ればいいの?

ライフちゃん

2020年現在、満期金の受け取りは、基本的にご本人の銀行口座へ振込み・小切手でのお支払いとなっております。受取人が海外にいる場合は来タイする必要があるんですよ。

Mr.マナブ

そうなんだ。じゃあ、タイへ来て、満期金を受け取って、日本へ持ち帰るって事だね。タイでは満期金は課税されないって聞いたことがあるけどほんと?タイで受け取った満期金は日本で課税対象になるの?

ライフちゃん

現在、タイ国では満期金は非課税となっています。受取人が日本に居住している場合は、日本の税法に則った形になるかと思いますので、詳しくはご担当の税理士などにご確認くださいね。

Mr.マナブ

なるほど。満期金を受け取るころにはまた状況が変わっているかもしれないしね。満期が近くなってから問い合わせた方が良さそうだね。

ライフちゃん

そうですね。それと、もしタイの銀行口座から日本の銀行口座へ送金される場合は、必ず、ご自身の名義の口座へ送金してくださいね。他者への口座へ送金した場合、日本国内で相続税、贈与税が発生する場合があるんですよ。

Mr.マナブ

そうなんだね?その辺も気をつけなきゃいけないね。日本へ送金する時の送金手数料は自己負担だよね?

ライフちゃん

はい。日本への送金手数料はお客様負担となります。日本にご帰国されても、もし分からない事などありましたら、いつでもKS Lifeがサポートいたしますのでご連絡くださいね。

Mr.マナブ

日本に帰国してもサポートしてもらえるのは心強いね!じゃあ、例えば、継続しないで途中で解約することもできるの?

ライフちゃん

解約に関してはプランによって内容が変わってきます。では、次回は途中で解約した場合について、説明しましょう!